pic5
ホワイトニング
ホワイトニングとは?

歯を白くする方法を大きく分けると、3つの方法があります。

・白い詰め物・かぶせ物を用いる「審美歯科治療
・歯科医院で特殊機材を用いて行なう「オフィスホワイトニング
・自宅でマウスピースをはめて行なう「ホームホワイトニング

それぞれの方法にはメリット・デメリット、費用、治療期間などの違いがあり、あなたに合った治療法の選択が大切になります。

「審美歯科治療」と「ホワイトニング」の違い

簡単には2つの点で違いがあります。
それは「歯を削るかどうか」「白さを維持できるかどうか」です。

審美歯科治療

歯を削る必要がありますが、お好みの色を再現することができ、時間が経過しても治療時の色を保ち続けることができます。

ホワイトニング

歯は削る必要はありませんが、歯の質や治療回数などにより白さの度合いは個人個人異なってきます。また時間の経過とともに白さが失われていきます。

このように治療法でメリット・デメリットがあるため、あなたにとって一番良い方法はこれですとは一概には言えません。担当医と相談してからの選択をお勧めいたします

オフィスホワイトニング
メリット

・ホームホワイトニングと異なり短時間で効果が出る
・正確に色をコントロールできる
・患者様の労力が不要
・歯科医師、歯科衛生士の管理下で行われるため安心

デメリット

・後戻りが比較的早い
・診療所での治療時間が長い
・前歯のみ適応

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはドクターの指導を受けながら、患者様ご自身がご自宅で行っていただきます。ご自宅で行えるため好きな時間に行なうことが出来ます。
オフィスホワイトニングよりもゆっくりと時間をかけて行いますので、薬が深くまで浸透し、オフィスホワイトニングと比べて白さの効果も長続きし、自然な色合いの白さが出ます。

~ホームホワイトニングの流れ~
 1. 当医院にて歯石の除去等を行ない、お口の中をキレイに清掃します。
 2. 歯型をとり、患者様の歯並びに合ったマウスピースを作ります。
 3. そのマウスピースを一度合わせてみて、使用方法の説明を受けて帰宅します。
 4. 変色の程度にもよりますが、1日2時間以内で、最長2週間続けます。
 5. 何度か通院していただき、歯の状況やマウスピースが変型していないかチェックします。
メリット

・通院回数が少なくて済む
・すべての歯のホワイトニングが容易で可能
・オフィスホワイトニングと比べて、白さが長期間維持できる

デメリット

・色の調節が難しい
・知覚過敏が発生しやすい
・患者様の手間を必要とする

白さの持続期間は?

これは非常に気になることだと思います。
残念ながら永遠に白さが維持されることはありません。
どのホワイトニング剤を使っても同じです。白さが維持される期間は、生活習慣や日ごろのお手入れなどによって個人差があります。
 
白さを長期間維持するためには、着色しやすい食べ物をとらないことや、ホワイトニングメンテナンス用の歯磨き粉を使う事をお勧めします。
ホームホワイトニングより、オフィスホワイトニングの方が後戻りしやすい傾向があるため、オフィスホワイトニングの場合は3~6カ月後に追加のホワイトニングを繰り返すことで後戻りを防止することが可能になり、ホームホワイトニングに関しては2~3年に一度の追加ホワイトニングが目安となります。
これを定期的に行うことにより、変色しにくい歯になっていくという報告があります。
 
ホワイトニング剤は身体に害はありませんので、何度繰り返しても問題ありません。
 

 

診療科目一覧
ODAWARA DENTAL CLINIC/小田原歯科医院
ご予約 TEL.055-225-5883
山梨県甲府市宝1丁目11-25
→ アクセスマップ
午前
9:00〜
12:00
× 〜14:00 ×
午後
14:00〜
20:00
× × ×